保健師の転職サイトランキング【2021年おすすめ7選】口コミと評判から比較

保健師 転職サイト ランキング女性の仕事・資格

人間関係や給与の悩みから、転職を考えている保健師さんは多いのではないでしょうか。
ですが、いざ転職サイトを探しても、数が多すぎて「どの転職サイトが良いのか?」と動けない方が多くいるかと思います。

そんな転職の悩みを抱えた方向けに、自分にあった転職サイトを選べるよう、現役保健師にヒアリングを行ったうえ評判の良い転職サイトをまとめました

各サイトの評判・口コミも紹介していきますので、自分にあった転職サイトを選んで行きましょう。

PR

保健師 求人・転職サイトランキング(おすすめ7選)

早速ですが、保健師向けの求人・転職サイトを1つずつ紹介していきます。

まずはサイトを見たい、という方は以下を参考にしてください。

ポイント
転職サイトでは、「取り扱い求人」がサイトごとに異なります。
また、相談に乗ってくれる「コンサルタント」は相性が重要なので、2-3つ複数サイトに登録し自分似合った人を選ぶことが重要です。

保健師の人気転職サイトをチェック

順位サイト名取り扱い求人数詳細をチェック
1マイナビ看護師保健師求人数:1,185
2看護roo!保健師求人数:991
3看護のお仕事保健師求人数:714公式サイトを見る
4医療ワーカー保健師求人数:497
5ナース人材バンク保健師求人数:不明
6ナースではたらこ保健師求人数:105
7ナースパワー保健師求人数:558

※取り扱い求人数は 2021/5/14時点のものです

 

各サイトの選び方に悩んだら、以下から各サイトの詳細をチェックしてみましょう。

1位:マイナビ看護師

マイナビ看護師(保健師の求人・転職ランキング1位)

出典:https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師」は、就職・転職サービスとして有名な「マイナビ」の「看護師特化サービス」となります。

看護師のみならず、幅広く求人・転職サービスを運営している会社のため、幅広いノウハウからのサポートが期待できます。

転職サポートも「スピード転職」「じっくり転職」と、転職希望者の希望にあったスケジュール感でサポートしてくれるのが嬉しい点。まだすぐには考えていない場合でも「じっくり転職」で、両者話し合いながら転職を検討してみるのも良いですね。

30代女性
評価:★★★★★
誰もが知っているマイナビの転職サービスということで利用しました。丁寧にヒアリングを行ってくれ、個人病院と大手病院の違い、私には大手病院が良いなど、参考になるアドバイスをたくさんもらえました。また転職を検討した際は使いたいなと思います。

「マイナビ看護師」公式サイトへ(無料)

2位:看護roo!

看護roo!(保健師の求人・転職ランキング2位)

出典:https://www.kango-roo.com/career/

看護roo!」は、10年以上、何十万人という転職経験者が利用してきた実績ある転職サイトです。

東京一部上場企業である、株式会社クイックが運営しており、転職支援実績としては30年以上にも渡るので安心して利用できます。

専任の女性スタッフが面接に同行してくれるサポートもあり、きめ細かなサポートを希望野方には最適なサービスです。

30代女性
評価:★★★★☆
面接のための事前準備を丁寧に教えてくれ、言いにくい給与交渉も積極的に対応いただき非常に心強かったです。採用後も定期的に状況確認をしてくれ、信頼できるサービスだと思います。

「看護roo!」公式サイトへ(無料)

3位:看護のお仕事

看護のお仕事(保健師の求人・転職ランキング3位)

出典:https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事」は、取り扱い求人数が13万件超、求人数トップクラスのサイトです。

また、キャリアコンサルタントは、病院や施設を年間4,000回以上の訪問取材を実施し、職場文化や医療方針などを把握しています。

そのため、転職希望者へ最適な提案をしてもらうことができます。
LINEでの相談も可能なため、転職に悩んでいる方は気軽に相談してみましょう。

30代女性
評価:★★★★☆
求人数が他サイトに比べ非常に多くある点が良かった。夜勤などがあり、相談時間も変則的になってしまったのですが、LINEでの相談や夜遅くでも対応いただけたり、非常に良いコンサルタントに出会えたので満足しています。

「看護のお仕事」公式サイトへ(無料)

4位:医療ワーカー

医療ワーカー(保健師の求人・転職ランキング4位)

出典:https://iryouworker.com/

医療ワーカー」は、キャリアコンサルタントの全員が紹介従事者講習を受講しているため、コンサルタントのレベルの高さがポイントのサービスです。

また、楽天リサーチでも、「支持率1位」や「転職成功率90%以上」など、利用者からの評価が高いことがわかります。
コンサルタントの質にこだわりたい方、一度相談してみると良い求人に出会えるかもしれません。

20代女性
評価:★★★☆☆
とても熱心に職場探しをしてくれる点は嬉しかったのですが、短い期間でたくさん連絡があり、少し急かされているように感じてしまいました。ただ、結果良い職場に出会えたので、相談してよかったと思っています。

「医療ワーカー」公式サイトへ(無料)

5位:ナース人材バンク

ナース人材バンク(保健師の求人・転職ランキング5位)

出典:https://www.nursejinzaibank.com/

 

ナース人材バンク」は年間10万人以上が利用する大手転職サイトです。

1人1人に寄り添った転職サポートを理念におき、無理やりの転職などはなく、現状に残ることも選択肢としての提案を検討してくれます。

キャリアコンサルタントは地域専任制をとっているため、エリアごとで自分にあった求人に出会うことができます。求人情報も1つ1つ詳細に掲載されているため、一度是非詳細をみてみてください。

40代女性
評価:★★★★☆
給与条件だけでなく、職場環境のストレスなど総合的な判断で職場を提案してもらえました。結果年収は少し下がりましたが、働く環境やストレスはかなりなくなったので満足しています。

「ナース人材バンク」公式サイトへ(無料)

6位:ナースではたらこ

ナースではたらこ(保健師の求人・転職ランキング6位)

出典:https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこ」は、他サイトに比べまだ実績などは少なく感じますが、「病院からの逆指名機能」や「24時間の電話相談」など、ユニーク・便利なサービスがあることがポイントです。

「逆指名機能」などは忙しい方に便利で、他サービスは使いつつ、こちらでは受け身で逆指名を待つという手段も効率的で良いかもしれません。まずは登録し、逆指名を是非まってみましょう。

30代女性
評価:★★★☆☆
対応は非常に丁寧で、信頼感のあるコンサルタントに出会えました。私の希望条件にあった職場を一生懸命に探してもらえたので、おすすめのサービスです。

「ナースではたらこ」公式サイトへ(無料)

7位:ナースパワー

ナースパワー(保健師の求人・転職ランキング7位)

出典:https://www.nursepower.co.jp/

ナースパワー」は1985年にサービス開始した、日本初の看護師専門の職業紹介所です。全国17カ所に拠点があり、専門コーディネーターが病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション、企業等各医療機関からの看護師求人を紹介しています。35年以上の実績があるため、看護師の働き方相談から、面接対策など、なんでも安心して相談できるサービスです。

30代女性
評価:★★★☆☆
親身に何でも相談に乗ってくれ、給与額も満足いく転職先を決めることができました。ただ少し連絡頻度が多く感じたのが気になりました。気になったのはそれくらいなので、次回があればまた利用予定です。

「ナースパワー」公式サイトへ(無料)

保健師の平均年収に達しているかチェック!

保健師には、行政保健師や病院保健師、産業保健師、学校保健師などの種類があり、働く場所によって年収の相場も異なります。

行政保健師の平均年収

総務省の「平成30年 地方公務員給与実態調査結果の状況」によると、地方公務員として働く保健師の平均月給は、約34.7万円となっています。また、人事院「平成30年国家公務員給与等実態調査の結果 」によると、国家公務員として働く保健師の平均月給は約35.1万円となっています。これらは看護師や助産師のデータも含んでいますが、行政保健師の目安として参考にしてください。

産業保健師・病院保健師の平均年収

産業保健師や病院保健師は、所属する企業や病院、団体によって仕事内容や手当の有無、昇給制度などが異なるため、年収にも個人差が見られます。

求人サイトを見ると、保健師全体の平均年収は450~550万円程度となっていますが、大企業に勤める産業保健師は比較的年収が高く、800万円以上稼ぐことも可能です。

参考元:総務省・https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/teiin-kyuuyo02_h30_kekka.html

Career Picks・https://career-picks.com/average-salary/hokenshi-nenshu/

自分の年収が平均以下なら職場の見直しも検討

年収は職種によって大体は決まっていますが、それでも職場による違いは大きいです。

同じ役割だとしても年収は大きく異なることもありますので、自分の職場の年収レンジが相場とあっているのかをチェックするのはマストです。

 

転職するか悩んでいる人でも、転職活動をするのはOK!

  • 自身の年収が相場なのか
  • 年収アップにはどうすればいいか
  • 今後のキャリア相談をしたい

そんな時は転職サイトにまずは登録して、転職コンサルタントに気軽に相談してみましょう。

 

保健師の人気転職サイトをチェック

順位サイト名取り扱い求人数詳細をチェック
1マイナビ看護師保健師求人数:1,185
2看護roo!保健師求人数:991
3看護のお仕事保健師求人数:714公式サイトを見る
4医療ワーカー保健師求人数:497
5ナース人材バンク保健師求人数:不明
6ナースではたらこ保健師求人数:105
7ナースパワー保健師求人数:558

※取り扱い求人数は 2021/5/14時点のものです