種類豊富なヘアピンの使い方集♪ 前髪もサイドも簡単可愛くとめてヘアアレンジを楽しもう

ファッション・ビューティ
PR

前髪・サイド・まとめ髪にもヘアピンは味方します。まずはその使い方をおさらい!

ねじったり巻きつけた毛先を留めたりと、ヘアアレンジに欠かせないヘアピン。どんなアレンジにするか、留めたい箇所や毛量にあったヘアピンを選ぶことで、よりきれいで抜け感あるスタイルに仕上がります。使ったことがあるという人は多いと思いますが、実はヘアピンをきちんと使いこなせている人って意外と少ないんです。そこで今回は、ヘアピンの使い方やヘアピンの種類、ヘアピンを使ったおすすめのアレンジ方法をご紹介していきます♪ まずはアレンジやパーツ別に合わせたヘアピンの使い方を見ていきましょう。

使い方1:前髪×ヘアピン

1番ベーシックなのは前髪×ヘアピンアレンジ。おでこだしヘアや、いつもと違う分け目にしたい時も、ホールドしつつアクセントにもなってくれる優れものです! また、前髪を垂らす量を調整して、シースルーバングにしたい時にも役立ちますよね。

使い方2:サイド・ねじり髪×ヘアピン

ねじりながらピンで留めるねじり髪×ヘアピンは、サイドを華やかにしてくれるアレンジ。ゆるっともしっかりも、ニュアンスに合わせてきちんとキープしてくれるのがうれしいポイント。ヘアアレンジするには長さが足りないショートヘアさんにもおすすめの簡単アレンジです。

使い方3:まとめ髪・お団子ヘア×ヘアピン

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

お団子ヘアをきれいに作るために欠かせないのもヘアピンですよね。巻き終わりをしっかりと留める役割はもちろん、後れ毛を抑えて形を整えたり、ボリュームが出過ぎた部分を抑えるのにも大活躍します。仕上げのアクセントもやっぱりヘアピンをオンして♡

使い方4:崩れ防止×ヘアピン

ゆるっとアレンジの崩れ防止にもヘアピンが最適◎ ただ適当に挿すのではなくて、あえて等間隔で並列に挿して今っぽさを出したり、写真のようにクロスしたり、ストレートとクロスをミックスしたりと、着け方にも自分らしさを取り入れるのがおすすめです♪

使い方5:隠しピン

ポンパドールやねじり前髪、ポニーテールのゴム隠しで活躍する隠しピンは、覚えておきたい技のひとつ。外側からピンが見えないから、すっきりときれいに仕上がります◎ ねじった髪と交差するようにピンを挿し、半回転させるのがポイント! 慣れれば、ピン1本だけでもしっかりと固定できるようになりますよ。

いつもどれ使ってる? 上手に使い分けたい7種のヘアピン

次は知っているようで知らないヘアピンの種類について、特徴やどんなアレンジで使うピンなのかを、おすすめの使用方法と合わせてご紹介していきますね。

ヘアピンの種類1:波型アメリカンピン

ヘアピンといえばコレ! な波型アメリカピン。“アメピン”と呼ばれていて、見せピンとしても隠しピンとしても使える万能アイテムです♡ 実は間違えている人も多い付け方ですが、少し短くなっている波型の方を地肌に沿わせてつけるのが正解なので注意しましょう。

ヘアピンの種類2:Uピン・鬼ピン

名前の通りU字の形をしたUピン。ふんわりスタイルをキープしたまま留めたいお団子アレンジや、アレンジ後に飛び出た毛先を留める場合に活躍します。少ない毛量で留めたい場合にはUピンよりも一回り小さい“鬼ピン”を選びましょう。

ヘアピンの種類3:スモールピン

アメリカピンを小さくしたものがスモールピンです。使い方はアメピンと同じですが、サイズが小さいため毛量が多い場所には不向き。顔周りや前髪を留めたい時に使用しましょう。ポニーテールのゴム隠しに最適です!

ヘアピンの種類4:スリーピン・パッチンピン

三角形とくちばしのように開く形が特徴的なヘアピンがこちら。“パッチンピン”や“スリーピン”と呼ばれていて、シンプルな金属のものから、ビジューがついたデコラティブなものもあります◎ アクセントとしてはもちろん、毛量が多くてもしっかりと固定できるので、サイドやトップの髪におすすめです。

ヘアピンの種類5:寸六ピン

波型ではなく両方ともストレートになっているアメピンを寸六ピンと呼びます。アメピンよりも留める力が強いのが特徴で、ねじり前髪やポンパドールなど、ねじったりまとめたりした毛束をしっかりと留めたい時に使うのがおすすめです。

ヘアピンの種類6:毛ピン

Uピンの両側に波型が入って、細身に作られている毛ピン。柔らかいので、形を変形させることができる優れもの。先端を折って使うと強度が増すので、まとめ髪のふんわり感をキープしながら支えるなど、隠しピンに最適です。

ヘアピンの種類7:フレームヘアピン

サークルやスクエア型のフレームが付いたヘアピンをフレームヘアピンと呼びます。髪の毛の面を整えつつ、アレンジを華やかに見せてくれるのがうれしいポイント! いつものアレンジをワンランクアップさせてくれるアクセントとしてもおすすめです◎

ヘアピン×ショート・ミディアム・ロング・前髪。大人女子の髪型アレンジ8選

ヘアピンの種類がわかったら、次はヘアピンを使ったおすすめアレンジをショート・ミディアム・ロングのレングス別に加え、前髪のみも合わせて見ていきましょう!

【ショート&ショートボブ】ヘアピンの髪型アレンジ2選

まずは、アレンジがマンネリになりがちなショートヘア&ショートボブにおすすめなヘアピンアレンジをご紹介しますね。

ヘアアレンジ1:顔周りの髪を留めてさわやかな印象に

長さが足りなくてアレンジができない! というショートヘアさんにも頼もしいヘアピン。顔周りの髪をコテで外巻きにして、ウェット系のワックスをつけてピンで留めるだけ。のばしかけの髪もすっきりと爽やかな印象にイメージチェンジできます♡

ヘアアレンジ2:切りっぱなしボブはぴっちりストレートアレンジが今風

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

切りっぱなしのショートボブさんは、ぴっちりと整えた前髪をゴールドやシルバーなどのカラーピンで留めるのが今風♪ 3本以上使っているのも今っぽいアレンジのポイントです。波型付だと整えた面が歪んでしまうので、ストレートの寸六ピンがおすすめですよ!

【ミディアム&ミディアムボブ】ヘアピンの髪型アレンジ2選

次はミディアムヘア&ミディアムボブのヘアピンアレンジです!

ヘアアレンジ3:トレンドヘアの形を生かしたヘアピンアレンジ

ストレートに整えた切りっぱなしのミディアムボブなら、形を生かしつついつもと違ったヘアスタイルにできるヘアピンアレンジがおすすめ。毛束感がでるワックスをもみ込んだストレートヘアに、耳後ろの髪をゴールドのヘアピンでクロスに留めていくだけ。ボリュームオフして耳周りがすっきりと見えるだけでも、いつもと違った雰囲気になります♪

ヘアアレンジ4:ゴールドのアクセサリーとの相性も◎のヘアピンアレンジ

毛先を外ハネにして、ざっくりと束ねた髪でお団子を作った、ゆるっと感がおしゃれなハーフアップ。ラフなアレンジもゴールドのアメピンをプラスするだけでこなれ感たっぷりに♡リングやピアスなどのアクセサリーとの相性も抜群です♪

【セミロング&ロング】ヘアピンの髪型アレンジ2選

次はアレンジの仕上げにもアクセントとしてもヘアピンを用いたい、セミロング&ロングヘアのヘアピンアレンジをご紹介します。

ヘアアレンジ5:ラフなお団子ヘア×種類の違うヘアピンでアクセント

ラフなお団子ヘアも、デザインが違うヘアピンやヘアクリップをプラスするだけでこなれ感たっぷりのアレンジに♡ ピアスやバングルなどでキメたコーデの雰囲気を崩さずに、よりおしゃれな雰囲気をプラスして魅せてくれるのがヘアピンのいいところですね♪

ヘアアレンジ6:下目ゆるっと三つ編みに合わせたいヘアピンアレンジ

ゆるっと感が大人な下目の三つ編み。どうしても寂しくなりがちなサイドやバッグには、デザイン付のヘアピンをざっくりと挿してみて。面の崩れを防止しつつ、バックスタイルを華やかにみせてくれます♡

【前髪】ヘアピンの髪型アレンジ2選

最後に、定番だけど新しい前髪のヘアピンアレンジをご紹介しますね。

ヘアアレンジ7:センター分け&編み込みで甘辛前髪アレンジ

ナチュラルコーデに似合う編み込み前髪は、フロントで分け目を作っているのが甘すぎないポイント♪ まずはきっりちと編み込んで、編み込み後は細かく髪を引き出してゆるっと感を出すのも忘れずに。前髪はコテで軽く巻いておくと、編み込みがしやすくなりますよ。

ヘアアレンジ8:トレンドヘアはねじり前髪でアレンジ

ダウンスタイルを楽しみたい今風のボブヘアにおすすめなのは、センター分けの前髪をねじって留めるだけの簡単アレンジ。ねじった髪の毛先は、面にそってストレートに整えて、地肌と平行にピンで留めるのがおしゃれに仕上がるポイントです!

ホットペッパービューティで美容室を探す

OZmallで美容室を探す